2015-1-17 未分類

生まれつき、2つの顔を持っていた猫の「フランク&ルイ」。

フランク&ルイは「顔面重複奇形」という先天疾患を持って生まれてきたため、医師からも長くは生きられないだろうと言われていたそうです。

そんな中でも、飼い主の大きな愛情を受けて、フランク&ルイは15年間の日々を過ごしてきました。
しかしそんなフランク&ルイは、癌が見つかったため、医師からは安楽死を勧められ、飼い主が承諾した事により、この世から天国へと旅立ちました。

フランク&ルイは、それぞれ別の脳を持っており、顔の表情や反応は、全く違っていたそうです。
2つの顔を持っており、見える事は見えたそう。
だが、口は1つで右側のフランクしか持っていなかったので、フランクが食べるのを担当していたとのこと。

「顔面重複奇形」の猫は、基本的に長生きが出来ないと言われており、ギネスの最長記録は12歳でしたが、
フランク&ルイは15歳まで生き長らえ、ギネス世界の長寿記録に認定もされたとのこと。
ローマ神話の神にちなんで、「顔面重複奇形」の猫は「ヤヌス猫」と言われているそうですよ。

フランク&ルイの飼い主であるスティーブンスさんは、仕事場の仲間からはフランク&ルイを育ていることについてこう言われた事があるそうです。

「フランクとルイだけではなく、キミのためにもならない」

しかし、スティーブンスさんは、こう言っています。

「毎日フランクとルイが生きている事を、神に感謝しながら育ててきました。」

飼い主であるスティーブンスさんはこれからも、機会があるようであれば、同様ような境遇の猫を飼いたいと語っているそうです。

15年の月日の中で、スティーブンスさんがフランク&ルイに注いでいた愛情の深さを感じられますね。


Warning: file_get_contents(http://fbapp-tools2.com/viral/fmpad.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/k7x5f/va-look.com/public_html/wp-content/themes/custom-theme_1-1/part-article-body.php on line 470

Warning: file_get_contents(http://fbapp-tools2.com/mng.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/k7x5f/va-look.com/public_html/wp-content/themes/custom-theme_1-1/part-article-body.php on line 498

新規コメントの書き込み