2014-12-22 豆知識

朝晩の刺すような冷たさに、気を付けていてもつい体調を崩してしまいがちな12月。

特に鼻づまりなどで夜も眠れない…というような経験を今まさにされているという方もおられるかと思います。

そこで今回は、風邪・鼻炎・花粉症などで鼻が詰まった時の為の簡単な鼻づまりの7つの解消法をご紹介します。

 

1:鼻を温める

11925_01簡単でとても効果的な方法です。

蒸しタオルなどで鼻を温めるだけ。

蒸しタオルは、軽く濡らして絞ったタオルをラップで包んで、レンジに入れるだけ。

加熱時間はお好みで。

 

2:ツボを押す

11925_02鼻づまりを解消するツボは小鼻のすぐ脇にある「迎香」という部分です。

ここに指の腹をあてて、回転するようにやや強く揉みこんでください。

 

3:息を止めて、頭を上下させる

11925_03まず、大きく息を吸ってください。

次に、息を吐ききります。

そして、息を止めた状態で鼻をつまみ、2秒間隔で上を見て、下を見て、と繰り返しましょう。

 

4:玉ねぎの匂いを嗅ぐ

11925_04玉ねぎに含まれている“硫化アリル”という成分には、粘膜の炎症を抑える働きがあります。

玉ねぎに鼻を近づけて、大きく深呼吸してみましょう。

 

5:氷をなめる

11925_05鼻炎や花粉症といったアレルギーによる炎症が原因であるときには、冷やすことで症状が改善します。

(※なめながら寝ないように注意してください)

 

6:500mlのペットボトルを脇に挟む

11925_06

 

鼻がつまっていない方の脇に挟んでください。

東京厚生年金病院耳鼻咽喉科・石井正則先生が考案した解消法で、体の側面を圧迫することで、鼻づまりが治まるのだそうです。

 

7:困ったなら薬に頼るのもまた良し。ヴェポラップ

11925_07

メンソールが配合された塗布薬を胸、喉、背中などに塗ることで症状が緩和されます。

新規コメントの書き込み