2015-1-23 豆知識

水仕事をされる方は特になりやすい、この季節特有の症状「しもやけ」。

毎年悩まされているという方も多いのではないでしょうか。

一回なってしまうとその痒みに耐え切れず、思わず掻いてしまいますがそうすると余計にひどくなってしまって悪循環。

気が付いたらあることの多いこのしもやけってどう対処すればいいんでしょう?

 

◆しもやけの原因と対策


まず、しもやけは、体温が下がって血行が悪くなってしまうことが原因で起こります。

体における末端部、特に手足に起こりやすいのはそのためです。

これさえわかっていれば、対策を練るのはとても簡単!

要するに、体が基本的に冷えにくい状況を作ってあげればいいのです。

まずは服をしっかり着込むようにしてください。

uploaded (2)

手足についても、手袋や厚手の靴下を身に着けるようにしましょう。

耳もまた結構に関係しますので、しもやけになりやすい敏感な方はできれば耳当てなどをして完全武装しておいた方がいいようです。

そのほか、お風呂にゆっくり浸かるなどして、血の巡りを良くしておきましょう。

基礎代謝の改善もしもやけ対策には当然有効です。

ただし、注意しておきたいのはお風呂から上がるとき。

濡れたままだとそこから冷える可能性がありますので、しっかりと拭いて水気を取っておいてください。

 

◆しもやけの治し方


直し方として代表的なのは、熱いお湯と冷たい水に患部を交互に浸けるのを何回か繰り返すというものです。

gettyimages_126386182

こちらもやっぱり血行を促進することが大切というわけです。

浸け終わったらしっかり水気を取りましょう。

 

ちなみに、熱いお湯と冷たい水を交互に浴びたり、それに浸かったりすることは疲労回復にもいいそうですよ。

これだけを知っておけば、これからしもやけに悩む回数も減ってくるのではないでしょうか。

しかし、あまりやりすぎると肌が荒れてしまうこともありますので、そういったときは皮膚科を受診してみましょう。

新規コメントの書き込み