電車やバスの中で、このマークを持った女性を見たことがある人はおられるでしょうか?

これは“マタニティーマーク”といい、平成18年に厚生労働省が「妊産婦にやさしい環境づくり」を掲げ、推進した事業の一環で考案したものです。

妊娠初期は赤ちゃんの成長だけでなく、母体の健康維持のためにも重要な時期と言えます。

しかし、外見から判断することができないため、辛くとも「電車で席に座れない」「喫煙を指摘できない」というような様々な苦労を妊婦さんは抱えてしまいがち。

妊婦さんの体は日々進化していくもので、初期の段階はつわりの出やすい時期です。

酷い人では貧血を起こしたりもするといいます。

ですから、妊婦さんが交通機関などを利用する際に身に着けておくことで、周囲が配慮を示しやすくするために作られました。

とはいえ、マタニティーマークには強制力はありません。

ですから妊婦さんも、体調がすぐれないと感じた時には、自分から誰かに声を掛けることが必要と言えます。

また、「強制でない」からといって、妊婦さんに気づかぬふりをするというのもどうなのでしょうか。

「妊婦だから席を譲れと言うのは図々しい」

そう思う方もおられるでしょうが、目の前に辛そうな人がいるのにもかかわらず、その席を陣取ってしまっているというのもまた「図々しい」ことなのではないでしょうか。

見知らぬ人に声を掛けるというのはなかなかできないことですが、今の社会に必要なのはきっとそういった「勇気」なのです。

しかし、目印があれば声が掛けやすい。

もし、電車内でこのマタニティーマークを見つけたら、そっと声を掛けてみてください。

その声はきっと、一人の子供の健やかな成長の手助けとなるでしょう。

新規コメントの書き込み