2015-1-2 豆知識

最近コンビニやスーパーでよく「アーモンドミルク」を見かけるようになりましたね。

美容やダイエットに効果があるとして、若い女性を中心に人気を集めているようです。

が、しかし、それはどこまでが本当なのでしょうか?

 

▼アーモンドミルクのメリット

まず、アーモンドミルクには以下のような健康成分が含まれており、こんなメリットがもたらされます。

  • ビタミンE:抗酸化成分として有名ですね。全身の酸化ダメージを大幅に減らしてくれます。
  • マグネシウム:体内の酸化を抑制してくれます。
  • プロバイオティクス:善玉菌と言った腸内細菌の活動を活発にしてくれる成分。
  • 各種ポリフェノール:アーモンドのポリフェノールは悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。

これだけをみると良いことだらけのように思えますが、実はちょっとしたネックがありました。

 

1. 折角の栄養素が抜ける問題

上に挙げた成分のほとんどが豊富に含まれているのはアーモンドの実ではなくなんです。

市販のアーモンドミルクは大抵皮を剥いて作られます。

ですから、上記の栄養素を摂りたいなら、普通にアーモンドを食べた方が良いでしょう。

 

2.オメガ6の酸化が懸念される

アーモンドには、体内の炎症や老化を促進する成分・オメガ6(リノール酸)が意外と大量に含まれています。

とはいえ、アーモンド自体にはビタミンEが含まれていますから、オメガ6によるダメージを心配する必要はありません。

しかし、アーモンドミルクとなると話は変わってくるのです。

何故ならアーモンドのリノール酸は熱に弱く、加熱すると一気に酸化が進みます。

市販のアーモンドミルクの制作過程を知らないので断言はできませんが、恐らく高温で殺菌処理をしていると思われますので、脂質分の酸化はかなり進んでいることでしょう。

1でも言いましたが、それならアーモンドを買って食べた方がメリットは大きいです。

 

3.その他添加物が心配

市販のアーモンドミルクには、意外と多くの添加物が含まれています。

特に注目すべきは、増粘剤としてカラギーナンが入っているという点。

カラギーナンは消化器官に炎症を起こす作用があり、毒素やガスなどを体内に溜めやすくしてしまうため、美容にはあまりよろしくないのです。

 

まとめ:普通にアーモンドを食べた方が良い

基本的には、健康成分と塊とも呼べるアーモンドからできているものですので、アーモンドミルクも美容と健康には良い飲み物なのです。

しかし、市販のアーモンドミルクには上記で述べた3つのデメリットがあります。

ですからそれなら、普通にアーモンドを購入して食べた方が、コスト的にも良いのではないでしょうか。

新規コメントの書き込み