2014-12-25 おもしろ

週末の深夜カラオケ。

“公共の場”であるにもかかわらずドアを開くとその中では、少なからず毎週のように異常なまでにテンションの上がった男子たちが全裸で歌って踊り狂っています。

男子はどうしてカラオケで脱ぐのでしょう? 別に命令されたわけでもなければ、求められてもいません。

また、暑さをしのぐためでも、鍛え上げられた体を自慢するわけでもありません。 目的はこれと言ってありません。

ですが、しいて言うなら“笑わせるため”でしょうか。

その全裸が笑えるのかどうかはさておき、今回は「カラオケで全裸になったことがある」という20~30代の男子41名に「どの曲で脱いだことがありますか?」と質問。

そこから明らかとなった“男子がカラオケで全裸になりやすい曲ランキング”を発表したいと思います…!

ですが、実を言うと寄せられた回答はバラバラで、大抵の曲が1~2票止まり。

しかし、そんな状況の中でぶっちぎりで1位を獲得した曲が出たため、1位のみのランキングとなってしまいました。

そこでまず、その1位曲を発表する前に。 1~2票を獲得した曲に寄せられたコメントの中から、印象的だったものを幾つかご紹介いたします。

(具体名を一部曖昧な表現にしています)

湘南乃風/睡蓮花 「前に男7人でカラオケに行ったとき、この曲で全員全裸になって、サビでアソコ振り回しました(笑) その時タマが壁に当たって死にそうになってたヤツがいて、こっちが笑い死ぬかと思いました」 (イベント会社勤務:26歳)

SMAP/世界に一つだけの花 「みんなで脱いで、マイク回しながら、歌詞の“花”の部分を全部男のアレに替えて歌いました。 いい思い出です」 (証券会社勤務:30歳)

HY/AM11:00 「大学生の時にやってたネタなんですけど、よく全裸で歌ってました。 男女デュエット曲なんで、男パートはアレ全開で出して、女性パートはアレを太ももの間に収納して歌うんですね。 2番からが女性パートになるんですけど、収納してさらに女の子っぽい声で歌うとかなりウケました」 (不動産関係勤務:29歳)

“ネタ”として全裸になったという経験談でした。 ある人にとっては最低で、ある人には最高な黒歴史的エピソードと言えるでしょうか。

しかしこれからいかに男子がカラオケで夜もすがらアホなことを繰り広げているのか、伝わってきます。

この他、本当に様々な“アがる曲”が寄せられましたが、回答者41名のうち12名が回答した、ぶっちぎりで1位を獲得した曲というのが…

映画『アナと雪の女王』主題歌:Let It Go

以下寄せられたコメント。

「あのサビの歌詞は“脱げ”って言ってるようなもんだと思います」 (飲食店勤務:27歳)

「ありの~ままの~姿みせ~るの~よ~、の部分でゆっくり脱ぐ」 (IT関連企業勤務:29歳)

「脱ぐときに剥いたら、友達に『ありのままじゃねぇじゃん』ってツッコまれた」 (ライター:28歳)

もしかすると多くの人が予想した通りの結果だったかもしれません。 脱ぎたい系男子には絶妙なフリをしてくれるこの曲。

なかにはこんなラッキーな出来事があった人も。

「男たちが脱いだら、一緒にいた女の子も下着姿になってくれました。 反応しないようにするのが大変だった」 (商社勤務:26歳)

やっぱり人の何かを擽る凄い力を秘めた歌詞なのがよくわかります。

ですが、ディズニーファンにはこっぴどく怒られてしまいそうな結果です(笑)

しかしこれが実際に深夜のカラオケで日々繰り広げられている光景なのです。

女性の皆さんには、深夜のカラオケで同曲を入れる際には、脱ぎたがりのお調子者な男子がいないかどうか今一度確認しておくことをおすすめしておきます。

新規コメントの書き込み