2015-1-12 豆知識

寒さ厳しい冬に欠かせないのは”温かい料理”。

なかでもクリームシチューは、子供から大人まで幅広く人気のあるメニューです。

そんな定番料理だからこそ、もっと美味しく作りたい!

そこで、いつものシチューにちょっと加えるだけで本格的な味わいになる食材を7つご紹介。

ひょっとしたらご家庭にあるかもしれない身近な食材ばかりですので、今晩もしクリームシチューを作るご予定があるのなら、早速試してみてはいかがでしょうか?

 

1:バター

cached (56)シチューを作る際、肉や野菜を炒める時にはバターを使うという方は多いかと思います。

しかし、炒める時よりも煮込む時にバターを投入するとさらにコクが出ます。

使用するなら無塩バターがおすすめです。

 

2:昆布茶

cached (57)和食の隠し味にも良く使われる昆布茶には、グルタミン酸という旨み成分が含まれており、シチューにコクを出してくれます。

グラタンを作る時の隠し味にもおすすめです。

 

3:白ワイン

cached (58)ルーを使わず、全て手作りするという方におすすめ。

辛口の白ワインを少し多めに加えて肉や野菜を炒めると、小麦粉のありがちな粉っぽさを消すことができます。

 

4:ベーコンやソーセージ

cached (59)肉とダシの香りを加えるために、入れると◎

お肉代わりに投入してみるのもまたいいみたいです。

 

 

5:海苔の佃煮

cached (60)色が変わってしまうという若干の不安もありますが、味を重視するなら試す価値あり。 磯の香りと甘辛い味がアクセントになるそうです。  

6:チョコレート

cached (61) 煮込む際に投入すると味に深みが出ます。 併せて、バターのように油脂分が高いので同じようにコクも。 ビーフシチューにも使えます。

 

7:チーズ

cached (62) 食べる直前に、粉チーズやとろけるチーズを掛けてから食べると味がまろやかになります。

新規コメントの書き込み