2014-11-11 感動

街を行く多くの人々が、ホームレスに対して無関心である。

その事実に嘆き、問題提起を行うために活動しているドイツの学生集団「be japy e.V.」

今回ご紹介するのは、彼らの活動のうちの一つを映像に収めたものです。

街中、柱に背を預け座り込んでいる一人のホームレス男性。

一人の青年がその男性に「バケツを貸してくれ」と声を掛けます。

そしてバケツが彼の手に渡った瞬間から、サプライズはスタート。

自己満足で行われている行為ではありますが、そういったものにこそ誰かの心に響くものがあるのだと感じさせられます。

新規コメントの書き込み