名前に特化した情報検索サイト「赤ちゃん名づけ」において、昨年度最も多くの赤ちゃんに付けられた“キラキラネーム”を順位付けして示したキラキラネームランキングが公開されました。

医療関係者だけでなく将来色んな場面でいろんな人が戸惑ってしまいそうな読み方の名前が勢ぞろいしています。

1位 苺愛 (いちあ、べりーあ など)

2位 華琉甘 (かるあ)

3位 愛羅 (あいら、てぃあら など)

4位 唯愛 (ゆい、ゆめ など)

5位 黄熊 (ぷう)

6位 優杏 (ゆあん、ゆず など)

7位 七音 (どれみ、おんぷ など)

8位 璃音 (りおん、るのん など)

9位 希星 (きらら、きてぃ など)

10位 姫奈 (ひな、ぴいな など)

11位 彪雅 (ひゅうが、あやさ など)

12位 叶望 (かなみ、かなと など)

13位 姫星 (きらら、きてぃ など)

14位 今鹿 (なうしか)

15位 妃 (きさき、きらり など)

16位 琉絆空 (るきあ)

17位 天翔 (かける、つばさ など)

18位 大大 (だいだい)

19位 叶夢 (とむ、どりむ など)

20位 本気 (まじ、りある など)

赤ちゃん名づけは、実際に赤ちゃんに付けられた名前を検索するだけでなく、付けた名前とその由来などをユーザーが投稿することも可能。

名前について参考に出来るサイトとなっており、今回のこのランキングは各名前のアクセス数に基づいて作成されたものです。

名前とは、ゆりかごから墓場までついてくる大切なもの。

親御さんの好みや時代の流れに合わせるのも確かにいいかもしれませんが、お子さんの将来のことも考えたうえで名前を付けてあげた方がいいような気がしてきます…。

新規コメントの書き込み