2015-2-14 衝撃

まず、複数の女性が新宿コマ劇場前で倒れている模様を撮影した動画がネット上にアップロードされたことで、騒動はさらに発展していった。

SNSを中心に拡散され、その若者たちが明治大学の“インカレサークル”の部員であることが判明。

ネット上では「飲み過ぎ?」「違法薬物じゃないか」といった議論が熱を帯びていた。

この騒動を受けて、明大は事実確認等の後に

「確認したところ、本学公認サークルに所属する部員であることが判明いたしました。本学学生がお騒がせしましたこと、心からお詫び申し上げます」

と謝罪した。

この昏倒の原因は“過度の飲酒”にあると説明し、また倒れていた学生の中には未成年者がいたということも明らかにした。

しかし騒動の捜査関係者の一人によると、この昏倒の本当の理由はそうではないらしい。

女の子と一緒にいた男たちは飲み物に“睡眠導入剤”を入れた、という。

しかし、その効果がすさまじく、次々と女性が体調を崩したがためにこのようなことになったのだと語る。

ある明大生によれば、このサークルではもともと「スピリタスのカプセル」を使って女子学生を泥酔させるというようなことが半ば伝統的に行われていたそう。

今回の一件については被害届が提出されることはなかったので、警察も厳重注意程度の対応のみで幕を閉じた。

しかし、睡眠導入剤を使っての傷害事件は過去に多くあることを顧みると、犯罪すれすれの行為であることに変わりはない。

厳重注意では済まされないことがいつ起きてもおかしくはないのではないだろうか。

新規コメントの書き込み